ニキビで死にたいけど諦めれない

ニキビに薬が効かないことで悩んでいる方へその理由と対処するためのアドバイスを私の経験を元に紹介します。また治療薬の種類も紹介するのでまだ使ったことがなくて耐性がついていないものが見つかれば合わせてニキビに薬が効かない状況の克服に役立ちます。

ニキビで死にたいけど諦めれない 》 ニキビに薬は効かない?耐性がつく前に予防の徹底を

ニキビに薬が効かないことで悩んでいる方へその理由と対処するためのアドバイスを私の経験を元に紹介します。また治療薬の種類も紹介するのでまだ使ったことがなくて耐性がついていないものが見つかれば合わせてニキビに薬が効かない状況の克服に役立ちます。

「ニキビに皮膚科でもらった薬が効かない」

死にたいほど辛いニキビに悩んだ人なら誰もが経験があるのではないでしょうか?

どうして自分だけ皮膚科の薬が効かないのか?

毎回受付で診察券を出すのも次第に辛くなってきますよね。受付の肌がキレイなお姉さんに「またニキビで来たよ」と心の中で笑われていそうで自己嫌悪にもなってきます。

皮膚科の薬が効かないのは抗生物質の場合、耐性菌がついてしまうからなのですが、まずは”一応”ニキビに効果的とされている薬について見ていきましょう。
ニキビには炎症を起こす前の角栓コメドの段階と、炎症を起こしたり膿がたまったおなじみの症状の2段階が大きく分けるとあります。

治療薬の内でコメドに効果的なのは皮膚科の処方薬である

・ディフェリンゲル
・ベピオゲル

があります。ベピオゲルは2015年4月から保険適用で処方が開始されて、海外のプロアクティブの有効成分である”過酸化ベンゾイル”が配合されているということで口コミでも話題になっていました。

ベピオゲルは効果が強力な分、副作用が出やすいように口コミを見ていても感じますが炎症性のニキビにも効果的で抗生物質でもないのでまだ使ったことがなければ試してみる価値はあるかもしれません。


毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こした赤ニキビや黄ニキビには抗生物質が効果的です。抗生物質には、

・アクアチム
・ダラシン
・ゲンタシン

があります。

「こいつら処方してもらったけど全然効かない!」

という薬もあると思いますが、一応”殺菌作用”や”抗炎症作用”を持っていてニキビに効果的とされています。


薬局やドラッグストアの治療薬では、

・クレアラシル
・ペアアクネクリーム
・テラコートリル
・ビフナイト
・オロナイン

があります。これらの市販薬は炎症性のニキビに効果的です。
恨みたくなるほどニキビ治療薬が効かない経験は当ページを見ている人の多くがあると思います。

今私はニキビを治すことが出来たからこそ言えるのですが、薬でニキビが治らない理由は、

「薬は今あるニキビを治すためのものであってニキビを予防するためのものではない」

からです。どういうことかと言うと、薬でニキビが治らないのではなくて新しいニキビの発生を予防出来ないから治してもそれ以上の症状を繰り返してしまうということです。


つまり予防が上手くいっていないということです。


予防出来ないのに薬で何とかしようとしている内に、抗生物質なら耐性菌がついてしまって効果がなくなるし、強力な薬を使い続けることで肌にも負担になっていきます。

そして気がつけば「ニキビが薬を使っているのに治らない効かない」という状態に陥ってしまうんですね。

私がこの事実(体感)に気がつけたのは、結局諦めずに予防ケアを見直し続けて最後には肌と症状に合った化粧品を見つけられたからです。

予防が上手くいくようになってからは同じ皮膚科、同じ治療薬なのにどんどん治るようになっていって、スキンケアには相性があるんだなぁということを自分の経験として知ることになりました。