ニキビで死にたいけど諦めれない

ニキビ跡が残って死にたい!死にたいほどのニキビ跡を改善させるための方法は実は身近にあります。魔法を追い求めずに着実に跡を消していくための方法を紹介します。赤み、シミ色素沈着、凸凹クレーターに共通して有効ですよ。

ニキビで死にたいけど諦めれない 》 ニキビ跡で死にたい!治す方法は予防ケアにある?

ニキビ跡が残って死にたい!死にたいほどのニキビ跡を改善させるための方法は実は身近にあります。魔法を追い求めずに着実に跡を消していくための方法を紹介します。赤み、シミ色素沈着、凸凹クレーターに共通して有効ですよ。

やっとの思いでニキビが治り予防することが出来るようになっても、それまでの対処が遅れてしまったことでニキビ跡が残ってしまうことがあります。

「このままニキビ跡と過ごす人生なんて意味があるのか」
「ニキビ跡は一生治らないって言うし、もう死にたい」
「こんなことになるなら潰したりしなければよかった」

色々な思いが浮かんできて泣きたくなると思います。ニキビ跡が残ったまま20代30代と若い時期を過ごしていかないといけないなんて死にたい地獄と変わりませんもんね。

でも、ニキビ跡が絶対に治らないなんてことはないと思います。私も死にたいほどニキビ・ニキビ跡に苦しまされてきましたが、ニキビが治ってから1年と少しでニキビ跡も「もう気にならないかな」というレベルにまでは改善させることが出来ました。

ニキビ跡には赤み・茶色いシミのような色素沈着・ちょっとした凸凹肌・陥没クレータータイプ・ゲルのようなケロイドなど何種類かありますが、クレーターを除けば1年前後の期間もあれば十分に改善が可能だと体感しています。

今死にたいほど辛いけどまだ諦めたくない。諦めれないという方は続きを読みすすめていってください。
死にたいほど辛いニキビ跡ですが、結果を焦ってしまってはいけません。悩みが深いだけに効果に即効性を求めて色々なケアに手を出してしまうとかえって治らない原因になってしまいます。

これは大前提として押さえておいてください。


その上で1ヶ月単位でも良いので少しずつニキビ跡が薄くなっていけば良いと思えるようになったなら、続けていくべきはニキビ予防ケア一択だけです。

専用のスペシャルケアやピーリング石鹸なども不要です。

新たなニキビの発生さえ予防出来れば、そのケアを続けるだけでニキビ跡も少しずつ目立たなくなっていきます。

ニキビ肌だった人がニキビを予防出来るようになったということは肌の状態が健康的に保てるようになったということです。

毛穴の皮脂汚れもキレイだし水分バランスも絶妙な状態です。肌の生まれ変わりであるターンオーバーも正常な周期(これが約28日)で働いている状態なので、これを継続することで少しずつニキビ跡も改善させていきます。


ということで行き着く結論は、

ニキビ予防ケア出来ていますか?予防が上手くいかないならもっと良い化粧品を見つけていきましょう!

ということになります。美容皮膚科の治療だけは受けたことがないので実際の体験としては分からないのですが、ニキビ跡治療には魔法なんてありません。

私は、予防ケアの徹底という身近なところにニキビ跡を治す答えを見つけました。
良いニキビ予防ケアに出会えると、

「ニキビ予防なんてもう楽勝」
「自信を持ってスキンケア出来る」

という気持ち的な段階に入ってくる時が必ず来ます。その頃にはニキビ跡の改善も少しは体感出来るようになってきていると思いますが、心に余裕が出てきてもっと色々なことに挑戦したくなってくるかもしれません。

もちろんそのまま予防ケアを続けていけばOKなのですが、より良いセルフケアを求めてこの段階からは専用ケアの導入を考えても良いかもしれません。

ただし美容液だけ化粧水だけの商品は選ばずに、専用ケアを使うとしてもライン使いがおすすめです。ラインで用意されている化粧品は洗顔から保湿ケアまでの流れや連携がスムーズなので相性の問題が出にくいからです。

ニキビ跡専用の化粧品でライン使い出来るのがコレです。かなり的確な化粧品となっているので見てみる価値はありますよ。

>>>ビーグレンのニキビ跡ケアプログラム